ロードバイクとマラソン

アダム・イエーツがマラソンに挑戦。サブスリーで完走

ロードバイクの現役トッププロでINEOS Grenadiersの総合系エースの1人、アダム・イエーツがスペインのバルセロナ・マラソンに参加。見事3時間以内で走りきった。本人のインスタをどうぞ。

情報源:Adam Yates runs Barcelona marathon in under three hours

正式タイムは、2時間58分43秒。1万人中584位という結果だった。もちろん本気でタイムを狙って走ったわけではない。そもそもオフシーズンなので数週間ずっと海で遊んだりしていて、あまり準備などはしていなかったようだ。

それにしてもロードバイクのプロでも普通に(?)マラソンも走れるものだ。シクロクロスの選手ならなおさら走れそうだ。ひょっとしたらシクロクロスの選手は短距離が速い?

ワウト・ファン・アールトも、ベルギーのアントワープで開催されたちょっとしたマラソン大会に出て、16kmを1時間11分11秒で走っていたようだ。

またトム・ピドコックも以前5キロを13分25秒で走っていた。なおトラックレースとしての5000mの日本記録はあの大迫傑の13分08秒40。

あと何年か前にLotto Soudalの誰かも10キロをけっこう速いペースで走ってたような?

ひょっとしたら今後はシーズンオフにマラソン大会に出場するトッププロが増えるかもしれない。ピーター・サガンやダニエル・オスの二人なら仮装してコンビで走りそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください