ロードレースニュース

ブエルタ・サン・フアンが中止。サガンやエヴェネプールらはスケジュール再調整へ

2月6日に開催される予定だったブエルタ・サン・フアン(Vuelta a San Juan)が中止となった。理由はもちろんコロナのオミクロン株の流行だ。

コロナ前まではオーストラリアのツアー・ダウン・アンダーがワールドツアー初戦として、そして多くの選手のシーズンインとして定番だったが、二年連続でキャンセルがすでに決定している。

そして、ブエルタ・サン・フアンもコロナ前からシーズンインのレースとして有名選手が参戦することが増えてレースとしての存在感が大きくなっていた。

コロナ禍をうけてツアー・ダウン・アンダーが開かれないがゆえに、ブエルタ・サン・フアンの価値も高くなると思われていたが、こちらも二年連続のキャンセルとなってしまった。

今年のブエルタ・サン・フアンには、ピーター・サガン、フィリッポ・ガンナ、レムコ・エヴェネプール、エリア・ヴィヴィアーニらの出場が予定されていただけに残念。

おそらくヨーロッパのプロたちは、今回の中止をうけて、フランスやスペインの比較的暖かい場所でのレースにスケジュールをきりかえることになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください