F1チーム ROKiT WILLIAMS RACING

チームイスラエルがF1チーム ROKiT WILLIAMS RACINGと提携

今シーズンから、プロコンチネンタルチームであったIsrael Cycling Academyがワールドツアーチームへと昇格し、ISRAEL START-UP NATION(以下チームISN)として活動している。元ワールドツアーチームのKatusha-Alpecinを呑み込み、そのライセンスをそのまま流用した感じ。

そんなチームISNが、イスラエル第2の首都テル・アビブで、F1チームである ROKiT WILLIAMS RACINGとの提携を発表した。





F1チームを運営するWILLIAMS(WILLIAMS F1)といえば、ワシの記憶に残るはやはり1980年代後半の暴れん坊ナイジェル・マンセル時代から、その黄金期である1990年代のウイリアムズ・ルノー時代。アラン・プロスト、アイルトン・セナ、デイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴ・・・

そもそもF1のROKiT WILLIAMS RACINGとチームISNに一体何の関係が?と思うかもしれへん。F1ファンは知ってると思うけど、実はF1の同チームにイスラエル人Roy Nissanyがドライバーとして採用されたんよ。で、チームISNもイスラエル。そんなつながり。



F1チームとの提携という点では、現在のワールドツアーチームとしては3チーム目となる。1つはバーレーン・マクラーレン。名前の通りマクラーレンと提携。もう1つはチームIneos。こっちはメルセデスと提携。そして今回のチームISNというわけ。

なおROKiT WILLIAMS RACINGは英国のチームであり、エンジンはメルセデスである。チームIneosが提携したF1チームのメルセデスもチームの本拠地はIneosと同じく英国で、当然エンジンはメルセデス。英国強いわ。日本のメーカーももっと頑張って、どうぞ。

ついでにいうと、F1はロードレースと違って全チーム同じタイヤメーカーのタイヤを使うルール。去年までと同じく今年も全チームがPirelliのタイヤを使う。

で、結局のチームISNはF1チームのROKiT WILLIAMS RACINGと提携して具体的に今後何をするのかというと、よくわかんない。でもま、一般論としては製品開発やマーケティング・広告でなんかいろいろコラボするんやろね。



【関連記事】

チームIneosがF1のメルセデスと提携

【F1スタイル】チームSkyがとんでもないものをブエルタに持ち込む。

【F1のあの会社が?】カヴェンディッシュがバーレーン・メリダへ移籍か?【マクラーレンの影】

GoodyearからレーシングタイヤEagle F1とF1 SuperSportが発表

F16戦闘機が倉庫に墜落したSidiは通常営業再開へ。在庫などの被害なし。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください