スペインのビルバオのグッゲンハイム美術館

2023ツールのグランデパールはバスクのビルバオ?

少し気が早い情報だが、2023年度ツール・ド・フランスのグランデパール(スタート地点)は、スペインは地方のビルバオになるらしい。スペイン紙El Correoがそのように報じている。なおバーレーン・ヴィクトリアスにはPello Bilbaoがいる。もちろんバスク出身で元エウス・カルテルだ。

情報源:El Tour 2023 saldrá desde Bilbao

さて、これによると2016年にその話し合いがスタートしたらしい。そしてASOとビルバオとの間で1000万ユーロ(約13億円)の基金が準備されたとかなんとか。

仮にこれが本当ならば、スペインがツール・ド・フランスのグランデパールとなるのは1992年以来のようだ。その年のツールは初日のプロローグからピレネーが舞台となった。そして総合優勝を果たしたのはスペインの英雄、ミゲル・インドゥライン。その直前にはジロを制覇しており、彼自身初の「ダブル」達成となった。

ちなみに今年のツール・ド・フランスはもともとデンマークのコペンハーゲンがグランデパールとなる予定だった。

しかし、東京五輪との兼ね合いでツールが1週間ほど前倒しになったせいで、今度はおなじくコペンハーゲンで開催されるサッカーの一大イベントEuro2021(2020から延期された)とかちあうことになった。

その結果、コペンハーゲンでのグランデパールは一旦棚上げとなった。そしておそらく同都市は2022年のグランデパールとなる。

そうなるとツールは、2022年のコペンハーゲン、そして2023年のビルバオと二年連続で外国スタートとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください