ロードレースの移籍情報

Wahooからパワーメータ内蔵ペダル Powrlink Zeroとフレーム負荷の少ない新型スマートトレーナーが登場か

ロードバイク用のサイクルコンピューター(通称サイコン)や屋内トレーニング用スマートトレーナー(ハイテクローラー台)のKickrシリーズで有名なWahoo社。同社から今後登場するであろう未発表製品のいくつかが明らかになった。

次の情報源記事でその画像をチェックしてほしい。

情報源:Wahoo unveils Powrlink Zero power meter pedals and Kickr Rollr smart rollers

今回明らかになった新製品は、次の2つ。

  • パワーメーター内蔵ペダルのPowrlink Zero
  • スマートトレーナーのKickr Rollr

パワーメータ内蔵ペダルWahoo(SpeedPlay) Powrlink Zero

WahooがペダルブランドのSpeedplay(スピードプレイ)を買収したのは2019年

しかし1年も新製品の音沙汰もなく「ひょっとしたら・・・」との懸念もあったが、今年の3月には無事に新製品が発表された。

そして今後登場する新製品がみんなの期待どおり、パワーメータ内蔵SpeedPlayペダルとなるPowrlink Zeroという製品だ。

この新製品は、オシャレかつディープな海外の自転車雑誌として人気のRouleur(ルーラー)が開催したイベントで明らかになったらしい。

最近のパワーメータ内蔵ペダルといえば、みんな大好きGarminのRallyやFaveroのAssioma Duoがすでに発表されているが、いよいよWahoo(SpeedPlay)もその市場にカチコミをかけることになる。

いくつかこのPowrlink Zeroペダルの情報をまとめておくと、

  • ペダルの厚さは、通常のSpeedPlayより3mmだけ増加(スタックハイトは13mm)
  • 外観はSpeedPlayそのもの
  • 計測誤差は±1%
  • バッテリー持続時間は約75時間。充電はUSBケーブルで、左右のペダル同時に充電可能
  • ブルートゥースとANT+に対応
  • スピンドルはステンレス
  • 0~15度の範囲で調整可能なフローティングシステム
  • 重量は276g?
  • 値段や販売時期は不明

とのことらしい。

フレーム負荷の少ないスマートトレーナー、Wahoo Kickr Rollr

上のパワーメータ内蔵ペダルであるPowrlink Zeroとともに明らかになった新製品が、スマートトレーナー(ハイテクローラー台)のKickr Rollr。この製品だが、あえてスマートトレーナーというよりはハイテクローラー台という表現のほうがイメージしやすいかもしれない。

というのも上の情報源記事での画像を見てもらえれば一目瞭然だが、見た目は古典的な後輪駆動のローラー台となっている。後輪をはずさずそのままローラーに設置させ、抵抗を加えるタイプのもの。後輪タイヤがすり減るタイプのローラー台だ。

一方で、現代的スマートトレーナーは後輪をはずしてスプロケをローラー台と合体させるタイプ。しかしこのタイプの場合は、フレームの後ろ三角に負荷がかかり、カーボンフレームにダメージが与えられるのではないかという懸念があった。

各種バイクブランドからはスマートトレーナーでも危険性はないとの報告・説明がなされているが、やはり心情としては「ちょっと・・・」という感情が生じるのもわかる。

そこでWahooの新製品Kickr Rollrでは、前フレームを固定する方法が採用されている。

価格は不明で、販売時期は2022年になってからという予定らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください