キンタナはモビスター時代の嫌な思い出とは決別



少し前に、世界的な動画配信業者ネットフリックス(Netflix)がチームMovistarのドキュメンタリーを配信した。見た人はいるかな?この映像では2019年の同チーム内の事情が映し出され、語られた。

最大の注目点は、Movistarお得意の「トライデント(三叉槍)戦略」。つまりアレハンドロ・バルベルデ、ミケル・ランダ、そしてナイロ・キンタナと3人のグランツールエースをツールに送り込むという作戦。結果はみんなの記憶にあるように散々なもの。



原因はやはりチームのマネージメント陣営のマネージメント能力不足といえよう。

逆にその能力が業界一高いと思われるのがチームIneoであろう。あれだけのスターを揃え、Movistarと同様にトリプルエースで臨んでいてもしっかりと各自が任務を遂行し、チーム内で競争しながらも協調しているという、まさに組織としての理想的な在り方を誇示できている。世界中の経営陣やリーダーが学ぶべき点が多いであろう。

そして今年から2年契約でArkéa-Samsicに移籍したナイロ・キンタナは、当時のチーム内の人間関係のギクシャクに苦労したと以前語っていた。だからこそ新天地へ移籍したと。このへんは、過去記事「なぜキンタナはモビスターを去ったのか。本人が語る。」や、「 なぜナイロ・キンタナは復活できたのか?」を読んでほしい。

さて、そんなキンタナにとってMovistarでの過去は、忘れたい・思い出したくない過去であり、すでに「終わったこと」との認識となっているもよう。それゆえキンタナ本人も、ネットフリックスのそのドキュメンタリーは見ていないと語る。

情報源:Quintana not dwelling on Movistar past



この情報源記事では、キンタナは次のように語る。

“I’ve heard a lot of comments, but the only thing I can say is what I experienced during the filming because I haven’t seen it. There were some things I liked, and others I didn’t. I don’t like to dwell on bad memories, I prefer to remember the good things.”



訳「あのドキュメンタリーを見た人からたくさんの感想が聞こえてくるけど、ワシが言えることは、その当時に実際に経験したことだけで、映像については何も言えへん。だって見てへんからね。当時のMovistarではいいこともあったけど、嫌なこともあった。ワシはもうそんな苦い記憶と付き合うつもりはないんや。楽しい記憶があればええんや」

なお撮影スタッフがチームに同行し、チーム内の事情が撮影されていたことについては、

“It was pretty risky because there’s no hiding what’s happening inside the team,”



訳「撮影はかなりチームにとって危険な賭けだと思う。だってチーム内の出来事が暴露されるわけやからね」

“Things like this happen in a lot of teams. At first I didn’t feel comfortable but little by little I loosened up. I closed the chapter at Movistar after eight very good years. I’ll always remember the good things, and I’m thankful to them.”



訳「Movistar内で起こったことは他の多くのチームでも起こることや。当初はワシも撮影されてることに不快感あったけど、少しずつそれに慣れて打ち解けていったわ。Movistarでのキャリアは8年間のすばらしい時代として終わりや。良い思い出だけはずっと忘れたくないね。チームには感謝してるよ」

ちなみに新コロ助のせいでインドアでのトレーニングばかりになっている点についてキンタナは、「今までインドアトレーラーなんて1日1時間以上乗ったことないから、精神的につらいわー。外で走るほうがええわ」と愚痴をこぼしてる。


【関連記事】


「なぜキンタナはモビスターを去ったのか。本人が語る。」

なぜナイロ・キンタナは復活できたのか?

キンタナがツール出場へ。今年のツールのワイルドカード枠確定。

Movistar離脱は確定。キンタナ「自分が輝けるチームに行きたい」

2 thoughts on “キンタナはモビスター時代の嫌な思い出とは決別

    1. ブタはNetflixと契約してないので不明ブヒが、日本だけ除外する理由があるとも思えないブヒねぇ

      でもひょっとしたら欧米だけなのかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください